JCBドライバーズプラスの年会費とお得情報
「高速道路代やガソリン代が安くなるカードはたくさんあるけれど、使い勝手がよいカードは結局のところどれ?」とお悩みの方は多いと思います。

ガソリンが安くなるカードの中で、一般的に還元率が高いと言われているクレジットカードは、ガソリンスタンドと提携のカードです。しかし実際に給油するときには、「今日はどこのガソリンスタンドで給油すると一番安いか?」と近隣の数軒の価格を比較して選ぶことが多いのではないでしょうか。ということは、たいてい毎回異なるガソリンスタンドを利用したいことになると思います。

クレジットカードの方の還元率が高くても、その指定された提携ガソリンスタンドのガソリンの値段が高かったら、実際にはたいしてお得ではないことになりますね。また旅先で給油したくなったときには、わざわざ提携スタンドを探さなければなりません。

そのような煩わしいことを一切考えずにお得になるカードはないだろうか?と探してみたところ、ありました。「JCBドライバーズプラスカード」です。


JCBドライバーズプラスカードの特徴とメリット



どこのガソリンスタンドで給油してもお得になる

JCBドライバーズプラスカードの大きな特徴であり最大のメリットは、「どこで給油してもガソリン代がお得になる」ことです。旅先では特定のガソリンスタンドを探し回らなくても、そのとき目に留まったスタンドで給油するのでOK。また、「その日近隣で最安値のガソリンスタンド」を選んでも、その最安値からさらに割引(後日キャッシュバック)になります。


新規入会キャンペーンが高額還元で狙い目

「初年度年会費無料」との入会キャンペーンはいまどき珍しくありませんが、このカードはそれ以上の新規入会キャンペーンをよく行っています。過去にも何度もありましたが現在も2017年9月末までの申し込みで、「最大5,500円分プレゼント」のキャンペーンが行われています。

このカードの通常年会費は1,250円(税別)ですが、年会費4年分にも相当する高額還元ですね。これは年会費が安いカードの中でもかなり珍しいです。ぜひキャンペーンがあるときを狙って入会しましょう。


新規入会キャンペーンの条件クリアが簡単

新規入会キャンペーンの「最大5,500円分」もらえる条件が、比較的クリアしやすい点も、このカードの大きな魅力です。

まずは、新規入会でもれなく2,000円分のJCBギフトカードプレゼント。

さらに初年度年会費無料期間の入会時に、同時に家族会員カードも申し込むと家族会員も年会費無料(通常年会費は400円(税別))になるうえ、新規入会時に申し込めば2名まで1名につき1,000円のJCBギフトカードがもらえます。

家族会員は、生計を一にする家族なら誰でも入会できて利用義務もありませんのでハードル低めですね。

また、「支払名人」に登録、5万円以上(税込)利用すれば「もれなく1,500円キャッシュバック」されます。


JCBドライバーズプラスカードを上手に使うには



何の利用でどれぐらいキャッシュバックされる?

このカードのキャッシュバック金額算出の対象となるのは、カードの全利用金額のうち、ガソリンスタンドでの給油とお買い物、そして高速道路代です。

またこのカードには「ETCカード」も無料で付けることができますが、ETCカードの利用金額も自動的にキャッシュバック対象の利用分となります。

キャッシュバック率は、前々月の16日〜前月15日の全カード利用金額によって変わり、前月末の翌月の率が決まります。例えば3万円以上5万円未満なら2.5%、30万円以上利用した翌月なら30%もの高還元率でキャッシュバックされます。

「支払い名人」を上手に利用してキャッシュバックを受けよう

「支払い名人」は、毎月自分で決めた金額を支払うリボ払いの一種です。

金利がかかることで怖いイメージがあるかもしれませんが、毎月の支払金額上限をキャンペーンの条件である「5万円」以上に設定して、その金額以上は利用しないようにすれば、リボ払いの金利が一切かからず通常の一回払いと全く同じ感覚で利用できます。

入会キャンペーンの条件がクリアされてキャッシュバックされたら、登録は解除してしまえばOK。ぜひ上手に利用しましょう。


JCBドライバーズプラスカードのデメリットと注意点

キャッシュバックの仕組みをしっかり理解する必要がある

そもそも、利用から支払いまでの仕組みや方法をしっかりと理解してから使うのがクレジットカード利用の基本ではありますが、このカードでお得にキャッシュバックを受けたい場合、ちょっとしたコツが必要です。

キャッシュバックされるまでの仕組みがかなり複雑なのです。説明をしっかり読んで理解する必要があります。毎月確実に30万円以上利用をする人以外は、利用金額や対象期間を意識しながら利用する前提でいないと、あまりお得に使うことができません。

なお「支払い名人」利用でのキャッシュバックキャンペーンに注視している期間には、支払設定金額とリボ払いの金利にも十分注意してください。


キャッシュバックの利率は月変動制。期間の区切りと金額上限もある

キャッシュバックの利率は、カード利用のすべての金額(給油と高速道路以外の利用分も対象)によって決まります。具体的な日付を例に挙げて説明してみましょう。

例えば、8月の夏休み期間中に家族で車でたくさん出かけるからと、ガソリンスタンドと高速道路をお得に利用するためには、6月16日〜7月15日にたくさんカードを利用する必要があります。

ボーナスで高額商品をこのカードで買い、30万円以上の利用になったとすると、キャッシュバック率は30%です。

なお、キャッシュバックの対象になるのは、8月1日〜31日の「ガソリンスタンドと高速道路の利用分」で、毎月上限2万円です。

実際のキャッシュバックは、3か月後の11月です。15,000円利用したとすると、11月10日に利用金額の引き落とし口座に4,500円(15,000円×30%)がキャッシュバックされます。キャッシュバックの上限は6,000円です。


JCBカードだが「Oki Dokiポイント」はつかない

JCBカードのほとんどは、利用金額によってポイントが貯まるサービス「Oki Dokiポイント」を利用できますが、このカードにはこのサービスがついていません。

高額キャッシュバックサービスがついているから、なくても仕方がないと言えますが、「Oki Dokiポイント」を貯めたいと考えている方は要注意です。


まとめ

新規入会キャンペーンの還元金額が高いことで、実質的に数年分のカード年会費が無料になることから、ガソリンや高速道路代が安くなるカードとしてかなり利用価値の高いカードと言えます。

高速道路を安く利用できるETCカードを無料で追加できる点も見逃せません。

キャッシュバックの対象となる利用金額が月上限2万円である点は、給油や高速道路の利用頻度によっては足りないと感じる方もいると思いますが、その場合は別途ガソリンスタンドの提携カードや高速道路が割引になるクレジットカードと併用してもよいでしょう。

併用することを考えてもこのカードは、1枚作っておいて損はないカードです。

申込みはこちら